真光寺川と麻生川



飛び石(潜水橋)

鶴見川本流全橋制覇の旅
鶴見川と真光寺川が合流する場所に飛び石がある。一種の潜水橋である。

鶴見川本流全橋制覇の旅
鶴見川と真光寺川の合流場所は 「開戸親水ひろば」 として整備されており子供達が自由に遊べるようになっている。水量の多いときは遊べないがその判断材料として 「飛び石が水面に出ているかどうかを見るように」 とある。つまり飛び石が水面に頭を出しているときは遊んで良い水量というわけだ。

鶴見川本流全橋制覇の旅


川内橋(かわうちばし)

鶴見川本流全橋制覇の旅
真光寺川が鶴見川に流れ込む地点のすぐ上流に真光寺川に架かる一番下流の橋、川内橋がある。鶴見川の左岸を歩いていると、この橋を渡らなければ下流に行けない橋である。

開戸親水ひろば

鶴見川本流全橋制覇の旅
開戸親水ひろばを真光寺川側から眺めてみる。手前が真光寺川で上が鶴見川。このあたりは境界が入り組んでいるのだが、ひろばの説明には神奈川県川崎治水事務所の名があった。


精進場橋(しょうじんばばし)

鶴見川本流全橋制覇の旅
開戸親水ひろばから少し下流に精進場橋がある。上流方向に水道橋が付属している。白い色の欄干は水道橋のもの。精進場橋の欄干は黒色をしている。

鶴見川本流全橋制覇の旅
精進場橋正面。


平らな岩場

鶴見川本流全橋制覇の旅
精進場橋のすぐ下に平らな岩が所々顔を出している。他の場所には無い風景なのでそのまま自然を保存しているようだ。

非常に低い堰

鶴見川本流全橋制覇の旅
平らな岩場の変化にとんだ風景の下流に非常に低い堰がある。堰と呼ぶにはあまりに低いので日本一落差の少ない堰かも知れない。この場所は川底を平らに整形してある。


子の神橋(ねのかみばし)

鶴見川本流全橋制覇の旅
子の神橋の名はすぐ近くに浄徳寺がある事と関係がありそうだが詳細は分からなかった。

鶴見川本流全橋制覇の旅
色々立て札はあるのだが、手前のものは犬の糞の始末の注意、対岸のものは川を綺麗にというお願いで、橋のことを案内したものはなかった。


四ツ木橋(よつぎはし)

鶴見川本流全橋制覇の旅
四ツ木橋のあたりは町田市になるのだが、橋桁がブルーに塗っているものが多い。町田の色がブルーだったかな?

鶴見川本流全橋制覇の旅
四ツ木橋正面から。橋も少しパターン化されているようだ。


鶴見川本流全橋制覇の旅
河川管理境界の立て札があった。上流が東京都多摩東部建設事務所。下流が川崎治水事務所。

鶴見川本流全橋制覇の旅
川の右岸を眺めれば公園のようになっていて洪水時に調整池の役割も果たすようだ。この場所は川崎市の管理になっている。


麻生橋(あさおはし)

鶴見川本流全橋制覇の旅
河川の管轄が町田市から川崎市に変わってすぐ麻生橋がある。こちらはブルーではなく黄色に橋桁が塗装してある。

鶴見川本流全橋制覇の旅
麻生川の欄干にはブロックごとに錦鯉が2匹ずつ埋め込まれている。このあたりには川の中にコイが多数放されている。殆どは普通の黒いコイだ。

鶴見川本流全橋制覇の旅
麻生橋のところに麻生川(あさおがわ)と鶴見川の合流点がある。合流点に向かって上流から下流を眺めたところ。三角形の公園に整備されている。


亀井橋(かめいばし)

鶴見川本流全橋制覇の旅
麻生川に架かる亀井橋。鶴見川の左岸を歩いていると下流に進むにはこの橋を渡らなければならない。

鶴見川本流全橋制覇の旅
麻生橋を正面から見てみる。欄干の土台部がオレンジ色に塗装されている。

鶴見川本流全橋制覇の旅
鶴見川と麻生川の合流部。右下が麻生川。中央上が鶴見川本流。麻生川はここで終わりとなる。