小山田川



鶴見川本流全橋制覇の旅
鶴見川源流の泉から新橋までの1.4kmは小山田川と呼ばれ、一級河川としての鶴見川ではない。流れもあくまで小川であり橋にも名前が付いていない。最初の橋は源流の泉の入口の小橋でもちろん無名橋。

鶴見川本流全橋制覇の旅

鶴見川本流全橋制覇の旅
小宮田川はすぐに2本目の橋の下をくぐった後90度角度を変え、道路下を横断して、道路の進行方向右側に流れを変える。左手の橋には名前もないし、道路下の流れに関しては、橋といく認識も持ちにくい。


鶴見川本流全橋制覇の旅
道路の右側に移った流れはすぐにカギ状に曲がりすぐにこの橋の下を潜って道路の右側に沿って流れる。

鶴見川本流全橋制覇の旅
すぐに鉄板を並べただけの橋もどきに出会う。


鶴見川本流全橋制覇の旅
ここで小山田側は道路下を潜って流れを再び道路の左側に変える。ここも橋とは認識しづらい。

鶴見川本流全橋制覇の旅
再び小山田川は道路の右側に移る。何となく橋のようにも見える。


中川橋(なかがわはし)

鶴見川本流全橋制覇の旅ここが小山田川としては最後の橋になる。流れはこの橋の左手しばらくいった所で地下に入る。私有地からでないと見えないため取水口の撮影は遠慮することにする。手前にバス停があり、ここまではバスを利用できる。

鶴見川本流全橋制覇の旅
道の傍に一帯の案内地図があった。イラスト調で少しアバウト気味なので細かい地図は自分で携帯したほうがよいだろう。この地図は新橋から下流の鶴見川が中心で、源流域と小山田川のことは殆ど触れていない。地図左端の 「現在位置」 マークの先が小山田川と鶴見川最源流域となる。