明王台と地蔵尊


等々力渓谷を行く
弁天池から道を戻ると一帯は広場になっている。とりあえず何もない場所なのだが、季節によっては何か楽しめるのだろうか。花見の敷物は禁止されていたような気もするのだが?

等々力渓谷を行く
明王台の先に小さな地蔵尊がある。後方は等々力地蔵尊の境内ではあるが世田谷区の児童公園との事である。しかし、公園らしいものは何も無く、今後整備されるのか、このままなのかはまったく不明。


等々力渓谷を行く
光音地蔵菩薩
地蔵菩薩は大慈悲を以て若し名號を聞く者は暗黒(地獄)に堕ちず
と書かれてある。

等々力渓谷を行く
菩薩像は小さな蓮の上にやさしく立っておられた。人気の少ない場所ながら、花が絶やされないのは世話をするやさしい人がいるのだろう。

等々力渓谷を行く
石段を下って利剣の橋まで戻り谷沢川の右岸に戻ってきた。