御岳山古墳


等々力渓谷を行く
等々力不動尊の山門から目黒通りを隔てて向かいに御岳山古墳がある。御岳山古墳の敷地は等々力不動尊の境内の一部であり蔵王大権現が祀られている。こんもりとした小山にそこだけ木々が茂っているのですぐに判る。

等々力渓谷を行く
御岳山古墳の案内は十分にあるのだが、扉は閉まっていた。

等々力渓谷を行く
門の所を見ると
蔵王大権現参拝 土、日(除く雨天) 午前十時より午後四時閉門迄
と書いてある。金属製の門には木製のカンヌキが挿してあるだけなので、ずらせば簡単に開けて入ることが出来る。参拝者が開けたままにしている場合もあり、しまっているとは限らない。
入り口に古い立て板があったが下部の墨は消えていて読むことも想像することも出来ない文字が多くあった。


御岳大権現

等々力渓谷を行く
本尊 蔵王権現 御岳????
境内 と 御岳山古墳
境内は御岳山古墳であり古墳時代に多???
眼下に納める台地、現等々力??????
周辺の土を撒て??
玉川全円墳地跡地で掘り下げ???????????
?やから斜面を?し東側???????????
想定出来る、西側は自然道?を超え ????不
動尊?西端辺りまで????????
りが大きく切り下げられ今又大き?????
南側は豊田家の南側???と?????
?していた。 この古墳上に中世御岳?????
現存する石尊は御岳大権現と??安?三?と四?
立て領主は吉村金兵? 吉村喜兵?両氏である。

寿蔵王大権現 平成十三年五月?八日 新???
遭致開眼した。 例祭は毎年五月廿?日

?? 御岳山古墳 東京都指定史跡
?? 東京都指定 大正
     文化財  満願寺   ???宝  非公開
他に直??甲が???出土 ??個人??
??????
満願寺



御岳山古墳

等々力渓谷を行く
東京都指定 史跡 御岳山古墳
所在 世田谷区等々力一丁目六十三番三外
指定 昭和五十五年二月二十一日
もと御岳神社があったので、この名で呼ばれている直径四十二メートル、高さ五メートルの円墳。
五世紀後半から六世紀中葉の築造を考えられている。
世田谷区野毛から大田区田園調布にかけての多摩川左岸の台地一帯は本墳を含め多くの古墳が存在し荏原台古墳群と呼ばれている。付近には大塚古墳(都指定史跡)、孤塚古墳等が現存する。
内部主体は粘土槨と推定され、副葬品として七鈴鏡(都指定有形文化財)が良く知られている。
この他には短甲、直刀が出土しており、特に短甲は二領文の破片があり、その製作時期が五世紀後半に位置づけられる。墳丘からは少量の破片であるが埴輪片も採取されている。
昭和五十六年三月三十一日 建設
東京都教育委員会

等々力渓谷を行く
古墳の頂上に登っていく短い階段の両側に多くの石仏が設置してあった。その数32体あり石柱も1本あった。


等々力渓谷を行く
石仏の中でも座像は5体。2度ほど数えたので間違いは無いと思う。

等々力渓谷を行く
この場所はかつて御岳神社があった場所で御岳山古墳と呼ばれている。現在山頂に祀られている御岳大権現の本尊蔵王大権現、等々力不動尊像。

等々力渓谷を行く
等々力不動尊像。