役の行者 神変窟


等々力渓谷を行く
等々力不動尊御本堂への階段を登る途中、左への小さな石段を入ると役の行者の神変窟がある。
等々力渓谷を行く
岩場の斜面に祀られた小さなお堂。両手で抱えられるほどの大きさだが祀られているのはガマカエルのようだ。


神変窟の木漂の文字は消えそうで読み辛い。

神変窟

等々力渓谷を行く
神変大菩薩は役の行者のおくり名 舒明天皇の六年 (六三四)年 大和の国生まれ深く仏教に帰依
御岳?山の洞窟に孔雀明王を祀って祈り大峰の山々などを 修行の霊地とした
当山の本尊 不動明王は当初 役の行者が 彫(きざ)んだと伝えられる
神変窟横の木漂

等々力渓谷を行く
神変窟と刻まれた石碑の横に小さな洞窟がある。


等々力渓谷を行く
洞窟の内部は石でしっかり構築されて常に線香の煙がただよっている。奥に鎮座されているのは、役の行者(えんのぎょうじゃ)だろうか。

等々力渓谷を行く
神変窟の上部にも小さなお堂が立っていた。

等々力渓谷を行く
神変窟付近の全体図。左手が洞窟。右と祠の上部に小さな御堂が置かれている。