渓谷上流に行って見ると


大井町線の窓からチラリと見えた上流の橋の様子が気になったので、先に上流に行って見ることにした。
等々力渓谷を行く
等々力渓谷を流れる谷沢川のゴルフ橋より上流は川に沿った良い道が無く迂回をしながら様子を見ることになる。

等々力渓谷を行く
地図で見ると行き止りだったのだが、川に近づけるようだったので行って見ると水車小屋跡の石碑が立っていた。となりはゴミ置き場になっていて、まあこれも忘れ去られた等々力渓谷の一つの風景なのだろう。


迂回しながらも谷沢川にかかる権蔵橋に着く。
等々力渓谷を行く
少しの期待もあったのだが、普通の小さな古い橋であった。橋の先には大井町線が谷沢川と並んで走っている。

等々力渓谷を行く
欄干横には狭い道幅にもかかわらず橋の名を刻んだ石標が立っていた。


等々力渓谷を行く
権蔵橋から上流を眺めてみると、右手に大井町線が川と平行して走っているのが見える。建物が川の真上まで迫っていて渓谷の趣は無い。

等々力渓谷を行く
こちらが権蔵橋から下流、つまり渓谷公園側を見たところ。こちらもマンションが護岸の真上まで迫っている。


等々力渓谷を行く
その後、少し下流に川が望める場所があったので降りて見る。入ることは出来たのだが、マンションの私道の様相で私有地のようだった。しかし、少しは渓谷らしくなってきたようだ。

等々力渓谷を行く
立ち入ることは出来なかったが橋が架かっていて対岸に渡れるようにもなっていた。対岸には個人的に人の手が加えられているようで整備されている印象があった。車窓から見えた橋はこの橋だった。